脳神経に働きかけててんかんを改善するカルバトール

てんかんは脳神経が電気的な異常により興奮状態となって痙攣や意識障害などの症状が現れる病気です。
昔からある病気でしたが、だんだんとその仕組みが分かってくるようになりました。
ジェネリック医薬品であるカルバトールは、脳神経や末しょう神経のNaチャネルという部分を阻害する働きがあり、Naチャネルを阻害する事によって脳神経を抑制し、興奮状態を抑える働きがあります。
そのために、カルバトールはてんかんの治療をはじめ、躁うつ病のような双極性障害や神経痛を抑える作用もあります。
カルバトールに含まれている主成分であるカルバマゼピンを用いた先発の医薬品は病院で処方をしてもらう事が出来ますが、このカルバトールについては日本では処方してもらう事が出来ないです。
てんかんの症状を抑えたい場合に、ジェネリック医薬品であるために先発医薬品よりも安く購入する事が出来るのがメリットであり、入手したい場合には個人輸入という形でネットの通販サイトを利用する事になります。
ジェネリック医薬品は先発の医薬品よりも安く購入する事が出来ますが、主成分には変わりないです。
既に効果が分かっている成分を用いる分、研究開発にお金が掛からないので安く購入する事が出来ます。
カルバトールもジェネリック医薬品ですが、ジェネリック医薬品が安いのにはこのような理由があり、安いからといって粗悪な製品であるわけでは無いので安心です。
日本でのジェネリック医薬品の普及率は諸外国と比べるとかなり低くなっていますが、その理由の一つとして安いから効き目が悪いのではないかなどといったジェネリック医薬品に対する誤解もあるようです。
しかし、ここでも簡単に説明したように効果が劣るなどといった事は無いので、積極的に活用した方が薬の購入にかかるコストを抑える事が出来ます。