向精神薬カルバトールの個人輸入

カルバトールは向精神薬のひとつ、テグレトールのジェネリックとして販売されるようになっている医薬品です。
ですがジェネリックであるカルバトールはまだ日本国内では処方されない医薬品になっているため、必要なようであれば個人で手に入れるしかありません。
しかしカルバトールは強い副作用がある医薬品であり、そうしたものがドラッグストアで通常に並べられるということはまず無いでしょう。
では日本国内でカルバトールを手に入れるにはどうすれば良いのかというと、ここで出てくる方法となっているのが個人輸入です。
個人輸入とは海外で製造販売されている商品を、個人がその人だけで使用することを目的として輸入することを差します。
これは通常の雑貨などでも用いられることがありますが、それよりも重要なのが「日本国内でも医薬品の個人輸入は禁止されていない」ということです。
もちろんそうした手段で手に入れた以上は責任を取るのも自分だということになってくるのですが、病気の治療などの目的として必要な医薬品を個人輸入するということは決して犯罪では無いのです。
現地法人などに直接コンタクトを取る必要がありますが、最近だとインターネット上などに個人輸入の手続きや交渉を代わりに行ってくれる代行業者が出てくるようにもなりました。
手数料などを負担する必要はありますが、そうした代行業者を介して個人輸入をするというようであればかなり手間を省くことができます。
カルバトールも今後時間が経てば日本国内で処方されるようになる可能性が十分にあると言えますが、それを待つことができない、試してみたいというようであれば、そうした個人輸入などを用いて手に入れてみるのも一つの選択肢でしょう。