てんかんの治療薬ならのカルバトールがお得

身体が痙攣したり意識障害が起きるてんかんは、脳の神経が興奮状態となる事によって起こる病気です。
そのてんかんの治療薬は、特許が既に切れているために現在ではジェネリック医薬品としてカルバトールという薬が登場しています。
ジェネリックの場合は先発薬と同じ成分を用いているために同じ効果が期待でき、研究開発にそれほどお金をかけずに製造する事が出来る事から安く購入できます。
カルバトールもジェネリックであるために、先発薬と比べると低価格で購入する事が出来るのでお得になります。
カルバトールや先発薬に含まれている主成分はカルバマゼピンという成分であり、これは脳の神経細胞のNaチャネルを阻害する作用があります。
この作用によって脳の興奮状態を抑える事が出来、てんかんの症状を改善する事が出来ます。
服用する事による副作用としては、眠気や倦怠感などがありますので、車を運転する時には服用するのは避けるべきです
その他の副作用としては、蕁麻疹や呼吸困難などの症状が現れる事もあり、もしも異常を感じた場合にはすぐに服用するのを止めて医師に相談した方が良いです。
これらの副作用はジェネリックであるからといって強く出る事は無いですが、先発薬と同様に副作用が現れる可能性はゼロでは無いです。
また、服用する時に同時にグレープフルーツやアルコールを摂取すると、薬の効果が正しく現れなくなるためにこれらと一緒に服用しないように注意する必要があります。
薬を服用する時は基本的に水で飲む事を考えて作られていますので、カルバトールに限らずにジュースなどで薬を服用すると思わぬ副作用が現れる事もあるので注意が必要です。
薬は決められた用法や用量を守って飲む事が大切です。