てんかんによるけいれんの治療薬のカルバトール

カルバトールは、てんかんの治療薬として用いられている薬です。カルバトールは、ガルバマゼピンを主成分としている薬で、カルバトールによるガルバマゼピンの含有量は300mgのものと400mgの二種類があります。てんかんによる発作は、脳細胞の神経活動によって、全身、または一部の筋肉がけいれんをおこすものであることから、脳神経の過剰な反応を体に伝える、膜活動電位の立ち上がりを阻害することにより、精神運動発作、てんかんに伴う精神障害、てんかんによるけいれん発作などの治療薬として、そのガルバマゼピンは大変に有効な成分になります。カルバトールの作用としては、脳神経や末梢神経のNチャネルという部分を遮断することで、脳内の電位の立ち上がりを阻止して発作を抑えます。効果効能としては、脳神経を抑制することで、気分の興奮状態を抑えて落ち着かせます。ただし、即効性が低く、効き始めるまで、1週間から数週間かかるとされています。カルバトールは市販では販売されていないことから、専門の医師からの診察を受け、症状に合った薬を処方してもらう必要があります。さらに、服用する量なども症状や年齢などによって異なってくるため、医師の指示通りに服用し、用量を守って服用する必要があります。カルバトールの副作用としては、眠気、はき気、運動失調、倦怠感、脱力感、かすみ目、めまい、頭痛などがあります。カルバトールは、てんかんの中でも特に、側頭葉てんかんに効果を発揮する薬です。また、てんかんによるけいれんなどの発作だけではなく、古くから三叉神経痛の治療薬として用いられてきた薬です。近年では、躁うつ病などの双極性障害の治療薬にも用いられています。